GPAJ43回研究会セミナー 2月15日15:00 JICA市ヶ谷ビル (05/02/2020)

 インドネシアのサイバー選挙がどのように行われ、それが民主的選挙をどのように毀損したのか、そしてカンボジア2023年総選挙へのサイバー戦の展望など、インドネシアとカンボジアの最新の政治・選挙状況を分析し展望します。カンボジア救国党(CNRP)の元幹事長Son Chhay氏と昨年のインドネシア総選挙でジョコ大統領のサイバー戦を担ったIsmail Fahmi氏が来日される機会をとらえて開催するものです。インドネシアのサイバー選挙がどのように行われ、それが民主的選挙をどのように毀損したのか、そしてカンボジア2023年総選挙へのサイバー戦の展望など、インドネシアとカンボジアの最新の政治・選挙状況について興味深い話を伺えると思います。そののちに、いつものように参加者で討議をしたいと思います。なお、昨年のインドネシア選挙におけるサイバー戦については、例えば、こちらをご覧ください。

HE Son Chhay
 カンボジアシェムレアップ州生まれ、内戦中に豪州に難民として逃れ、フリンダース大学で数学、アデレード大学院にて教育学を収める。1993年のUNTAC選挙でシェムレアップ州からBLDP仏教民主党から立候補して当選、以降サムレアンシー党、救国党議員を2017年まで務める。その間、常に党の上級幹部を務め、特に2013年総選挙と2017年の地方選での救国党躍進に貢献。2019年11月にサムランシ帰国運動とは一線を画し、豪州にとどまりながら活動を続けている。



HE Son Chhay
 Born in Siem Reap, Cambodia, fled to Australia during the civil war as a refugee and studied mathematics at Flinders University and Adelaide University Graduate School. In the 1993 UNTAC election, he was elected from the Siem Reap Province by running for the BLDP (Buddhist Democratic Party) and has been a member of the Sam Rainsy Party and the Cambodian National Rescue Party until 2017. In the meantime, he has always served as a senior executive of the party, especially contributing to the CNRP’s huge gain in the 2013 general election and the 2017 Comune elections. In November 2019, he stayed away from Sam Rainsy’s return movement, working in Australia and continuing effort for the national reconciliation.
https://projects.voanews.com/cambodia-election-2018/english/profile/politician/son-chhay- cnrp.html

Dr Ismail Fahmi
 バンドン工科大学を卒業後、オランダ・グロニンゲン大学院にてMA、Ph.D.(コンピュータ科学)取得。帰国後自らのシンクタンクであるPT Media Kernelsを設立しコンサルタント業務を開始。特に2019年インドネシア大統領選ではSNSに投稿される言語データを分析し選挙戦略立案に貢献した。



Dr Ismail Fahmi
 Ismail Fahmi, Ph.D. is an information scientist and the founder of PT Media Kernels Indonesia with experiences in developing a big data system called Media Kernels a.k.a Drone Emprit supported by a set of natural language processing techniques. The purpose of the system is to analyze online media and social media contents. He also developed Indonesia OneSearch, a knowledge portal for accessing all database and digital repositories from universities and public libraries in Indonesia. His bachelor is in Electrical Engineering from the Institute of Technology Bandung, and his master and doctoral is in Information Science from the University of Groningen, the Netherlands. His main interests are in natural language processing, information extraction, automatic term extraction, relationship extraction, social network analysis, ontology development and population, digital library, plagiarism detection, and big data.
https://en.kyoto.cseas.kyoto-u.ac.jp/2019/07/20190720/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です