国連ジュネーブ事務局で国際機関の指導者との対話討論会を開催 (16-17/07/2018)

人権・人口移動・平和構築について、東アジア諸国(日本、中国、韓国)の研究者と、国連高等弁務官・国連人権高等弁務官・国際移住機関・国際赤十字社・ジュネーブ高等研究所などのシニアスタッフとで対話を行います。詳細はこちらをご覧下さい。なお、この討論会への参加にご関心のある方は、ACUNS東京連絡事務所のキハラハント愛准教授(kiharahunt[*]yahoo.com)までご連絡を頂ければ幸いです。

Read More >>

(English) East Asian Forum on UN Peace Operations @UNU (20/04/2018)

(English) The Academic Council on the United System (ACUNS) and the Friedrich-Ebert-Stiftung (FES) will hold the East Asian Forum on UN Peace Operations entitled New Directions and New Approaches in UN Peace Operations: The Primacy of Politics and Protection of Civilians at the Elisabeth Rose Conference Hall, 5th floor, the UN University on 20th April 2018. If you are interested in participating in this forum, please contact Associate Professor Kihara-Hunt, kiharahunt[@]yahoo.com by email (Please change [@] to @ when sending an email). Please click here for detail.

Read More >>

長谷川祐弘 (著) 『国連平和構築―紛争のない世界を築くために何が必要か―』単行本発売 (23/03/2018)

国連で平和活動の最前線に立った著者が、ブートロス=ガーリの「平和への課題」から、コフィ・アナンの「より大きな自由を求めて」、潘基文の「HIPPOパネル」設立、そしてグテーレスの「紛争予防」政策の軌跡を振り返り、何が紛争解決と予防に決定的な役割を果たすのかに切り込む。

Read More >>

南スーダンで世界最大規模の人道危機が継続しているさなか、紀谷昌彦元南スーダン大使が現場からの視点で、これからの課題は何か言及された。(28/01/2018)

ホスト大学の教授で討論者の遠藤貢東京大学教授が、民族間の対立が紛争の主な要因であり、クーデターと内戦のトレードオフという議論があることを指摘され、会員から様々な見解が述べられ討論された。

Read More >>

GPAJ研究大会分科会3で、「特定の国家や地域での平和構築」の状況を討論する。(16/01/2018)

共栄大学の石塚勝美教授(欧州)、東京大学大学院の山田一竹氏(スリランカ)、東京大学(UNHCR)の宮澤晢氏(東ティモール)、桜美林大学の滝澤美佐子教授(アフリカ) がこれらの地域での平和維持および平和構築に関する研究報告を発表し、日本国際連合学会理事の高橋一生氏がコメントされた。

Read More >>