国連職員スティーブン・キンロック・ピチャット氏による新型コロナウイルスの感染拡大の中で思い出される中田厚仁氏などの国連ボランティアの貢献 (10/04/2020)


 カンボジアのコンポントム州で起きた悲劇的な中田厚仁氏の死去は、今世紀の最大の危機となったCOVID-19パンデミックの真っ只中で27周年として思い出されております。この異常な状況は、4月8日に中田厚仁氏とその通訳であるレックソフィエップ氏の悲惨な殺害を覚えていた元国連ボランティア選挙監視員たちが、彼らの命を奪ったものの意義を取り戻し新たな使命を与えてくれました。国連ボランティアの方々は楽観主義に基づいて国連を中心に逆境にもめげず、国際協力の精神、そして自己利益を超えて進む前に彼らに継続する力を示しております。

 毎年、元国連ボランティアから連絡があります。しかし、今年は別の、より劇的な状況であり、これは再びすべての人が責任感を深めております。 UNTACの思い出を超えて、COVID-19は連絡を取り戻すもう1つの理由です。私たちは、どこにいても連絡を取っており、お互いを励ましております。中田厚仁くんと並んで働き、さまざまな道を歩んできた人々が、イタリア、ポーランド、チャド、ウズベキスタン、オーストラリア、マレーシア、韓国、日本、またはノルウェーで世界中におります。そして、私たちは同じ地球規模の課題に直面しています。地球は突然さらに小さく、かつてないほど相互依存的に見えます。

 いつものように、危機は人々を結びつけ、個人の利益や国境を越えて連帯と無私無欲の貢献心理を引き起こしております。国連はこれまで以上に重要ですが、その限界を示しております。元国連ボランティアの人たちは、再び、家から遠く離れて危機の地域へとお向かっています。

 1993年に、27年後に私たちが、このような致命的なパンデミックに立ち向かうとは誰もが考えたでしょうか。中田厚仁の死に理想主義の勝利を見た長谷川祐弘先生は、新型コロナウイルスの感染者を救うために命をかけている医療スタッフが、人類連帯の精神を示してくれていると述べております。長谷川先生は、新型コロナウイルスの侵入を防ぐためにほとんどすべての国が国境を閉鎖していますが、必要なのは効果的なグローバルガバナンス構造の構築であり、このような地球規模的な危機をもたらしている感染病との闘いにすべての国の政治指導者間の緊密な協議と協力であると指摘しています。米国、EU、アジア諸国は他の国々の面倒を見るには自分たちの問題に夢中になっていますが、アフリカ諸国やその他の影響を受ける地域の政府の支援が不足している国々の政府を支援する国連機関を支援するために国が集まることを望みました危険を十分に認識し、各国でのCOVI-19の蔓延に対して強力な予防措置を講じます。アントニオ・アントニオ・グテレス国連事務総長が述べたように、COVID-19を含む危機と闘うには予防が鍵です。

 現在の危機が終息すれば、中田厚仁を知っている人々がフランスのボジョレーあるいは世界のどこかで集まり、UNTACの20周年記念として、語り合うのも良いかと思います。皆さんが、どこにいても安全に健康であり、1993年以来持ち続けてきた決意とユーモアのセンスを示していることを願っています。


2020年4月10日


スティーブン・キンロック・ピチャット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です