8月22日(土)15:00-17:00 オンラインブックレビューNo.1 長谷川祐弘著『平和構築の志』

 協会が始める第1回目のブックリビューです。総合コメントを坂根宏治JICA平和構築室長、水野孝昭教授、そして石塚勝美教授が行います。第2部では「真実和解と移行期正義」に関する意見交換・討論会を熊谷教授、野口元郎大使、井上健副理事長、キハラ・ハント愛教授、アルベニータ・ソパージ(Arbenita Sopaj)講師が討論します。


 

日本国際平和構築協会
オンライン・ブックレビュー1
(長谷川祐弘『平和構築の志』創成社, 2020)


2020年8月22日 15:00-17:00



15:00 – 15:05 著者の紹介 猪又忠徳
15:05 – 15:20 本の紹介  著者

PART I
15:20 – 15:50 総合コメント
          討論者   坂根宏治JICA平和構築室長
                水野孝昭教授
                石塚勝美教授

PART II
15:50-16:40 「真実和解と移行期正義」に関する意見交換・討論会
     熊谷奈緒子教授
      (Initiator to introduce general aspects of truth and reconciliation and transitional justice issues involved) 

     野口元郎大使
      (Discussant to raise relevant issues relative with the experience of Cambodia Khmer Rouge Trials)

     井上健副理事長
      (Discussant to comment on the implication of the Matenous Bere Incident for peace and justice)

     キハラハント愛教授
      (discussant to assess the validity of PNTL as a para judicial system)

     アルベニータ・ソパージ
      (Discussant to compare State legitimacy between Timor- Leste and Kosovo after independence)

     会員参加者からのコメントまたはQ&A

16:40 – 16:50 著者応答

PART III
16:50-17:00 この行事に関する意見交換と次回の案内

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です