张贵洪教授曰く「将来の国際協力は、人間の安全保障、尊厳、平等、自由にもっと注意を払うべき」(23/09/2020)

 中国日報(英語版)が9月23日の記事で、国連および復旦大学国際機関研究センターの所長で日本国際平和構築協会の会員である张贵洪教授が、国連は普遍的な価値とグローバルな規範と倫理を促進する上で独特の役割があることを認めた。この記事の全文はこちらをクリックしてください。




(*Unfortunately, your browser does not support the pdf viewer. Instead, please download the PDF file of the report.)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です