総会で行われた選挙で、日本がエクアドル、マルタ、モザンビーク、スイスとともに国連安全保障理事会の非常任理事国に選出された (09/06/2022)

 

(Photo: UN News)


 国連ニュースによると、国連総会議長のアブドゥラ・シャヒド氏が、6月9日金曜日に、総会で行われた選挙で、2023年1月から2024年12月までの2年間、日本がエクアドル、マルタ、モザンビーク、スイスとともに国連安全保障理事会の非常任理事国に選出されたと発表した。日本は184票、アフリカからはモザンビークが192票を獲得した。ラテンアメリカとカリブ海諸国からの唯一の候補者であるエクアドルは190票を獲得しました。他の2つの国、つまりスイスとマルタは、それぞれ187票と185票を獲得しました。

 これらの5か国は今年の終わりに席を空けるインド、アイルランド、ケニア、メキシコ、ノルウェーに取って代わります、そして、残る5つの非常任理事国のアルバニア、ブラジル、ガボン、ガーナ、アラブ首長国連邦に加わります。安全保障理事会は15カ国で構成されています。そのうちの5つ(中国、フランス、ロシア、英国、米国)は、拒否権を持つ常任理事国です。193の国連加盟国すべてで構成される総会は、2年の任期で10の非常任理事国を選出します。理事会の議席を確保するために、立候補国は、たとえ争われていない場合でも、3分の2の過半数、つまり128票を獲得する必要があります。3つの地域グループからなる今年の立候補国は5議席を争いました。2か国はアフリカとアジア太平洋諸国、1か国はラテンアメリカとカリブ海諸国、残りに2か国は西ヨーロッパとその他の国です。国連ニュースは、今回、合計192の国連加盟国が選挙に参加したと報じました。投票用紙には、投票の少なくとも48時間前に提出されたすべての国の名前が記載されていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。