公明党の井上義久副代表はグローバルガバナンス推進委員会が1年かけて討議して、国連改革、地球環境、軍縮など6つの分野に起きて提言をされたことは有意義である。(12/05/2020)

井上義久副代表は議員外交と進めて、国連議員総会の設立や議員連盟の活性化など取り組むべきであると述べ、新型コロナ感染問題は差し迫った緊迫性があり、全ての国そして人々が当事者であり、世界で何十万人という人が亡くなっていることは全人類的な問題であり、グローバルガバナンスを確立しなくてはいけないという認識であると述べた。

井上義久 公明党副代表

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です